1940年、ハンブルグ。前線に出征するマテウスは駅まで見送りに来た妻と娘に勇気と希望を持つようにと元気づけた。ハネスは彼が無事に帰還することを疑わなかった。しかし4年後、現実は希望とは全く違っていた。マテウスはエストニアとの国境近くのソビエトの凍りついた荒野で、一握りの男たちのグループを指揮していた。そこでは彼らはすでに総統に対する信頼は全く失ってしまっていたが、ストイックな精神とスターリン主義とで鍛え上げられている敵のことを寸刻も忘れず、過酷な一刻、一刻を生きていた。彼らは恐るべき敵だった。戦死による欠員が続くマテウスたちを苦しめ続けた。

販売






赤軍:

その冷血さ、決断力、戦い以外のものに関心を示さないことで同志の間に知れ渡っている狙撃兵のマーシャは仲間たちと共に新しい戦場でドイツ軍を苦境に追いやる任務を与えられる。彼女と同志の狙撃兵たちはすでに数え切れないほどの任務を経験していた。彼らはドイツ軍が予想すらしなかったところか彼らに打撃を与える。その目的は敵兵の殺戮だけではなく、彼らを精神的に壊滅させることだった。マーシャたちのグループは、スターリンの招集に応じたカテイアという若い狙撃兵の参加により強力なものになった。カテイイアの朗らかで、積極的な性格はマーシャの中に生まれつつあった世界観を土台から揺るがすことになる。


ドイツ国防軍:

ヒルゲンダグ軍曹は戦場の混乱から分隊を脱出させるのに際立った活躍をした。鍛え上げられ、数々の勲章を授与されたことのある軍曹と古参兵達は中隊の中で最も畏敬の念を抱かれている男達だった。市のある地区でソビエト軍の狙撃兵がドイツ軍を苦しめ、兵士を戦慄させていたとき、ヒルゲンダグと彼の部下は敵の狙撃兵を沈黙させるためにそこに派遣された。そのために、かれらは狙撃兵のヨハネス・マテウスの参加を得、混沌とした市の状況の中でその任務をまっとうできると確信していた。







Made by MCV